株で億万長者:TOPIXの浮動株比率見直し

TOPIXの浮動株比率見直し

浮動株比率の見直し

まずTOPIX(東証株価指数)とは、
東証一部に上場している株の、
時価総額の合計です。

砕いていえば東証一部の全銘柄を買うために
必要な金額のようなものです。

しかし現在の算出方法では、
発行済み株式の合計となっているため、
実際に市場に出回らない固定株もその中に含まれています。

固定株というのは、
その会社の親会社や役員などが保有する、
市場に出回ることはないだろう株のことです。

浮動株とは固定株を除いた、
一般に出回っている株のことです。

そこで現在の算出方法から、
浮動株の比率を計算に組み入れよう、
という動きが不動株比率の見直しです。

結果どういう影響があるかというと、
TOPIX連動型の投資信託の組み入れ比率に
変化が出るということです。

たとえばTOPIX連動型投信は、
TOPIXにそった動きを目標にします。

そのため投信は組み入れ比率の調整を
すると予想されます。

たとえば浮動株比率の少ない、
三菱東京UFJ銀行や、ホンダなどの
買い入れ比率を下げることが予想できるのです。

Copyright © 2006 1日10分!株で億万長者!素人が月100万稼ぐ投資必勝法. All rights reserved