米イベント待ちでドル円相場は。

ドル高トレンドの向きは当分変わらない様子ですね。
しかし短期的には投機筋が円キャリートレードによる円売りポジションを解消するかもしれません。

というのも現在はFOMCの真っ最中であり、かつ2月9日からのG7では円安について言及するというユーロ圏からの発言など不透明な状況だから。

ユーロ圏の発言は牽制かも知れないけれど投機筋ならいったん逃げるのが当然の反応。手持ちのドルロングポジションはいったん解消すべきと考えます。

しかしだからといって長期的なドル高傾向には変わりないと判断します。近日中に調整が入った瞬間は絶好の押し目となるとなりそうです。

ドル、121円台後半=米イベント待ち〔東京外為〕(31日午前9時)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070131-00000037-jij-brf

Copyright © 2006 1日10分!株で億万長者!素人が月100万稼ぐ投資必勝法. All rights reserved